tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

半農半Xというスタイル

半農半Xという言葉を知っているでしょうか?

半農半Xとは、農的な暮らしをしつつ自分の大好きなことを仕事にするライフスタイルのことで、『半農半Xという生き方』の著者、塩見直紀さんが提唱した言葉です。この本は塩見さんの考えやライフスタイル、田舎暮らしをしている方達の生き方などが書かれています。

私がこの本に出会ったのは、3年ほど前。今の仕事を続けていく自信がなくなり、本気で辞めようか迷っていた時にこの本と出会いました。

結局辞めずに今も続けていますが、半農半Xという考え方はとても素晴らしいと思っています。

自然が大好きで、今の会社や暮らしに疑問を持っている方。家庭菜園をはじめてみたい方や、すでにしている方。大量生産、大量消費に限界を感じている方。今の仕事をこのまま続けていいのか悩んでいる方は是非読んでみて下さい。きっと何か見えるはずです。

 

半農半Xの軸となるのは、農的なことをしつつ、自分の得意なこと、興味のあることを仕事にすること。 

半農半Xということばは私たちが向かうべき二つに軸を示している。

一つは人生において農を重視し、持続可能な農のある小さな暮らしを大切にする方向だ。もう一つは与えられた天与の才を世に生かすことにより、それを人生の、また社会の幸福につなげようとする方向だ。

 

広い畑が必要なわけではないです。小さくても良いのです。プランターでも良いのですぐ始めてみましょう。

小さな暮らしとは、たとえどんなに小さな市民農園、ベランダ菜園でもいいから食料を時給していくシンプルなものである。

 

 

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

 

 

塩見さんは全国でワークショップや講演会も開いているので、本を読んで感銘を受けた方はそちらも参加してみるのも良いと思います。

私は2015年の春、塩見さんのホームページhttps://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/

を見て、『半農半Xカレッジ東京』というワークショップが開かれるのを知り実際にお会いして話を聞いてみたかったので参加してきました。

会場は三鷹にあるシェアハウスで7名ほどの少人数で行われ、塩見さんによる半農半Xについてのトークや、それぞれの『X』探しについて話しました。

塩見さんは、とても朗らかで紳士的な印象の方でした。

来られていた方々は、仕事は皆様々でしたがエコ意識が強く、今の生活を変えたいと思っている方がほとんどで、初対面でも大切に思っている事が一緒なら普通に話せるもんだなと思いました。

最近忘れがちでいましたが、時にはここで勉強したことを思い出し、少しでもライフスタイルを半農半Xに近づけるようしていきたいと思います。 

 

 

ヌビアンヘリテージの石鹸が予想以上に良い

f:id:tmkz902:20171121200112j:plain

マジックソープバーのペパーミントを頭から足の先まで使用して、開始から約1ヶ月で使い切りましたのでレビューします。

 

今回の最大の目的は『頭皮の脂をがっつり落とす』という事。

感想はというと、期待していた程ではなかったですが、ミヨシの『頭皮を洗う石鹸シャンプー』よりは、こちらの方が洗浄力は高いです。ちょっと多めに石鹸をつければサッパリ洗いあがりますが、少々物足りない感じがしました。

私は頭皮の脂が多いのでそう思うだけで、女性や頭皮の脂が少ない方には、十分すぎる洗浄力だと思います。

髪以外に使用した時の感想としては、ミントの清涼感があるので、夏場にボディーソープ&洗顔に使用するには良い商品だと思いました。

欠点としては、石鹸が小さくなるにつれ、香りはだいぶ弱くなり石鹸がボロボロに破れてしまう事です。

これはマジックソープバーのほかのフレイバーでも起きます。

ペパーミントも場合、香りは徐々になくなってきますが、ミントのスースーする爽快感は意外と最後まで続きました。

 

マジクソープバーが1ヶ月ほどでなくなり、次に使用したのは、ヌビアンヘリテージの石鹸です。

こちらもマジックソープバー同様、オーガニック使用になります。

http://www.nubianheritage.jp

フレーバーは『レモングラス&ティーツリー』にしました。

こちらのフレーバーは、「オイリー肌・混合肌に」とあるので今回の目的にはこれが一番合っているので迷わず購入しました。

jp.iherb.com

使用感はというと、泡はもちもちしていて泡持ちも良いです。

洗い心地もツルツルしていて滑らかな。

洗浄力もかなり強い方なので耳の周りや襟足もスッキリと洗えました。

しかも大好きなレモンの香り。

頭を洗うには良いかもしれませんが、女性が使う場合や冬場の乾燥している時期には、他のフレイバーを選んだ方が良いかもしれません。

 

マジックソープバーとの比較】

 

ヌビアンヘリテージレモングラス&ティツリー)

脂落ち★★★★★

泡持ち★★★★

香り ★★★★

 

マジックソープバー(ペパーミント)

脂落ち★★★★

泡持ち★★★

香り ★★★★ 

 

マジックソープバーも良いのですが、脂の多いい頭皮を洗うにはヌビアンデリテージ(レモングラス&ティーツリー)はオススメです。 

興味のある方は試してみてください。

久々の長時間

f:id:tmkz902:20171115210202j:plain

昨日は湘南全域に波があり波情報によると、なかなかのグッドコンディションだったようだ。そして今日も波が続いていた。

タイミング良く有給だったので、今日は朝からサーフィンに行くことにした。

 

潮回りは中潮。干潮が8時38分で潮位は69㎝だったので8時半ごろのから入水。

波のサイズは胸〜肩で丁度良いサイズ。岸でストレッチしながら波を見ていた時は、レギュラー・グーフィー共に波がよく見えたのだが、乗ってみるとつかまってしまう波が多かった。自分の技量の問題もあるが、いい波をつかめなかったのもあると思う。

 

始めは5人位しかいなかったピークも2時間ほどすると10人程になった。たまたま隣に来た顔見知りの方と話していたのだが『これだけ波があって土日だったらサーファーの数はこんなもじゃないよねー。やっぱり平日は空いててイイね。』なんて話していた。

平日でも場所や波数によっては『今日は平日だよね?』なんて時もけっこうある。

鵠沼なんて年中混雑している。あとポイントブレイクになってしまうとなかなか波が回ってこない。

こんな状況になると『せっかく平日休みなのにのんびりやりたいもんだ』と思い人ばかり気になり気になってしまう。

こういう場合は『少し離れる』『早々にポイントを変える』『ピークに行って波をとる』と、こんな感じだろう。サーファーとしては少しでも良い波に乗りたいので『ピークに行って波をとる』というのが選択としては正しいのかもしれない。

積極的に波を追う時もあるが、控えめな自分の場合は『少し離れる』というのが一番多いパターンだ。

少し離れたところは、基本的に波はあまり良くないことが多いが、喧嘩になるよりはマシだと思う。

 

結局この日は4時間位入ったが、満足なライディングはできなかった。

いつもの癖で、レギュラー・グーフィーともに、ボトムターンの時にレールが食い過ぎてしまい失速というのが何回かあった。トップアクションもイマイチ。

 

スケボーや鏡の前でのイメトレとスクワットが必須だろう。 

不満足なライディングだったが、天気も良く波もあったので良い一日だった。

次回のサーフィンに向けてトレーニング!

 

オンショア後のオフショア

f:id:tmkz902:20171112202945j:plain

昨日は、前日から吹き続いていた南西風が、昼前には北風に変わり頭前後のグッドウェーブだった。

友人と兄と3人、昼過ぎからのスタート。ウエットに着替えストレッチをして潮の流れや波の様子をしばらく見ていると先に2人が入水。

2人がゲットしてしばらくするとセットがひっきりなしに入ってきはじめ、少しビビって足止めを食らった。

ビビリの私は頭以上になると怯んでしまう。波があまり掘れていなかったり形のいい波だったり状況によるのだが、基本デカい波は苦手だ。

少し落ち着いた時を見計らってゲットした。思ったよりもセットを喰らわずに沖に出られた。

波も徐々に落ち着き、形も良く久々にいい波だった。筋トレでスクワットをしているせいか、ターンの時いつもより踏ん張りがきいたような気がする。

 

人も少なく、ほんと久しぶりにスカッとした。ある程度(自分的には頭前後)のサイズの波に乗った後の、このなんともいえない爽快感と脱力感がやめられない。

 

サーフィンの魅力は人それぞれあるだろう。

車で気の合う仲間とポイントに着くまでのたわいない話。

仲間と同じ状況下で海に入るという一体感。

サーフィン後のお酒。

波に乗っている時の感覚。

自然とのふれあい。・・・

上げたらきりがない。

 

なかなかこんな遊びは他にはないと思う。飽きっぽい自分が今まで続けてこれた。

仲間と自然に感謝しつつ、これからも楽しく続けていきたいと思う。

 

 

▼▼▼アフターサーフにぴったり。

サーファー&ミュージシャンのジャックジョンソンとベンハーパーによるボブ・マーリーのカバー『High Tide or Low Tide』

www.youtube.com

 

 

シェービングクリームとフェイスローション

すっかり秋らしくなり空気も乾燥する日も増えてきました。

メンズいえども、ガザガザ、ザラザラの肌はいただけません。

前回作った化粧水も無くなったのでiHarbでスキンケアグッズを買ってみましたのでレビューします。
tmkz902.hatenablog.com

 

今回購入したのは以下の2点になります。

 

『Aubrey Organics, メンズストック、シェービングクリーム』

jp.iherb.com

T字の髭剃り用に購入したのは、Aubrey Organicsというメーカーのシェービングクリームです。やや濃厚なクリームですが割と伸びが良いです。刃の滑りは良くも悪くもなく普通といったところでしょうか。割とスッキリと洗い流せ、メンソールが強めに効いてきて爽やかです。剃った後はヒリヒリ感もなくしっとりした感じでなかなか良いです。

今回購入したのは『シティリズム』という香りなのですが、かなりウディーでダンンディーです。杉の香りが強く剃ったあと洗顔してもしばらく残ります。自然な香りではありますが、香りがきつすぎて、合わない人は気分が悪くなる人もいるかもしれません。

 

『Every Man Jack, フェイスローション』

jp.iherb.com

次はEvery Man Jackというメーカーのフェイスローションになります。

ローションとありますが普通のクリームです。ベタベタ感はなく軽やかに伸びますので少量を手にとり顔と腕などにも塗っています。

こちらは、無香料なので香りの心配はありません。

 

まとめ

シェービングクリームは使用感は悪くなのですが香りがちょっと強目です。癖になりそうな感じはありますが、もう少し香りが弱くて良い気がします。

 

フェイスローションは至って普通。これといった特徴は無し。ややしっとりしすぎるのでローションというよりはクリームに近い感じです。顔や体が乾燥した時、保湿クリームとして使うのが良さそうです。

 

 

玉ねぎの定植

昨日、9月上旬にプランターに種まきした玉ねぎを定植しました。

 

tmkz902.hatenablog.com

f:id:tmkz902:20171106081141j:plain

苗の大きさは不十分でしたが、去年植えた苗はもっと細く弱々しかったにもかかわらず、すくすくと育ってくれたのであまり気にしないようにしました。

 

f:id:tmkz902:20171106081300j:plain 

f:id:tmkz902:20171106081351j:plain

水糸を張ってまっすぐに植えるって程の数ではないので、支柱を使ってなるべくまっすぐに植えます。

20cmくらいの間隔で2列。苗を植えしっかりと鎮圧。全部で20本の苗を植えました。

玉ねぎはユリ科の中でもっとも養分が必要な為、化学肥料を使う人は多いかと思いますが、今回も化学肥料は使わずに、有機栽培でいきます。

自然菜園の本だと、冬では有機肥料の分解がゆっくりなので植えたその日に、米ぬかと油粕を半々で混ぜたものを1㎡あたり1kgまき、その上にワラでマルチします。

こうすることにより春先の玉の肥大までに分解され吸収されるようです。

 

https://www.amazon.co.jp/これならできる-自然菜園―耕さず草を生やして共育ち-竹内-孝功/dp/4540101978

▲私の菜園は、自然菜園ではありませんが無農薬・有機栽培でやるにはとても参考になる本です。

 

この日は肥料を持っていかなかったので後日米ぬかと油粕を半々に混ぜたものプラス牡蠣殻を播く予定です。

 

 

 

追記

f:id:tmkz902:20171112185119j:plain

11月12日(日)

農協のから糠をいただき、油粕と半々にして玉ねぎの畝に多めに撒きました。牡蠣殻は撒くのを忘れたのでまた後日。

苗は微妙に弱っているようにみえましたが、水もあげたし、これから大きくなってくれるでしょう。

 

 

 

 

落花生収穫

一昨日、有給が取れたのでそろそろと思っていた落花生の収穫をすることにしました。

f:id:tmkz902:20171104044858j:plain

ハクビシン対策として設置した獣害防止のネットでなんとか被害は防げました。少し黄色がかっているのが落花生で、青々とした葉の小さいのはハコベです。

落花生の畝というよりもハコベの畝のようになってしまっていますが、ハコベが生えるということは土が肥沃になっているという事のようなので、雑草といえどもなんか嬉しい。

いざ収穫をしてみると身付きはそこそなのですが、ほとんどの身が虫に食われていました。割合でいうと3分の2くらいでしょうか。

穴が空いている身を指で割ってみると空っぽのもあれば半分発芽しているのもあれば蟻が巣を作っているのもあれば様々。

無農薬でやっている以上これは仕方ない事だが、ここまでやられるとは。

土の中だけに目に見えないので対策のしようがない。

調べてみるとコガネムシの幼虫による食害が多いようだが、株を掘り起こした時には見当たらなかったので、何か他の幼虫が潜んでいたようだ。

f:id:tmkz902:20171104052534j:plain

結局、収穫できた落花生は両手に収まる程度でした。苗代が高くついただけに、残念な結果。

 

このあとは、次に植える玉ねぎ用に、この畝を軽く耕し鶏糞も軽く撒きました。その時にも幼虫のようなものはいませんでした。いったい誰の仕業か。

 

前に種まきした小松菜の間引きもしてこの日の作業は終了。

落花生は試し堀のと同様に、茹で落花生にして食べました。前回食べた時の方が甘みが強かったように感じました。

 

落花生。来年はきっと作らないと思います。