tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

土壌改良を考える

私の菜園において、育ちが著しく悪い作物がある。何度かトライしたがどうもうまく育たない野菜をあげると、ニンニク・シュンギク・ホウレンソウだろうか。

ニンニクはユリ科シュンギクはキク科、ホウレンソウはヒユ科バラバラである。

 

ニンニクに関しては、今年は最悪の出来。去年の秋に80個植え付けをし4月頃から葉が枯れてきて5月には半分以上がダメになり6月収穫したのはわずか3個。

去年と一昨年はサビ病。今年は症状からすると春腐病だとおもう。3回育ててニンニクの芽もほとんどお目にかかっていない。

3m位離れ所にある、おやっさんの畑のニンニクも同じような症状でほぼ全滅。

この春腐病とゆうのは、風で擦れた傷などから菌が侵入してなったっり、水はけの悪い土や窒素が多い土が原因のようだが。いまいち原因がわからない

 

まずニンニクを対象に土壌改良をしてみようと思う。

 

▼去年の10月2日のニンニクの植え付け。

f:id:tmkz902:20170614221713j:plain

 

▼今年の春の訪れとともに葉が枯れていき、5月にはほぼ全滅。

f:id:tmkz902:20170614225925j:plain

 

来年こそは何とかうまく育てたい。

まずは、水はけを考え高畝にして、植え付けの1ヶ月前には籾殻くん炭と完熟堆肥を入れる。

去年もこんな感じでやったのだけれど・・・

 

今年の改善点とは。

酸性土壌の気がするので、今年は籾殻くん炭を多めに撒いてみようと思う。草木灰も撒く予定。それまでには土壌酸度計を購入しよう。

窒素が多いと病気の原因にもなるようなので油粕はやめようと思う。

あとは、ニンニクの種類を変える事。

今までは福地ホワイトがメインだったので、暖地用のニンニクに変更してみようと思う。