tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

キャベツと玉ねぎの種まき

雨が今にも降ってきそうなどんよりとした天気だ。空気もジメッとしていて梅雨の様。

畑のパトロールに行こうと思ったが、気が進まなかったので秋冬の畑の計画を立てることにした。

夏野菜はあまり気合を入れなかったので秋冬野菜は少し頑張ってみようと思う。今植えてあるのは落花生のみで寂しいが、計画通りに行けば10月には全ての畝が埋まっている計画になる。

f:id:tmkz902:20170908104820j:plain

秋冬野菜計画表


昨日買ってきたキャベツの種と去年の残った玉ねぎの種をプランターとポットにまくことにした。軒下に空いているプランターがあったのでそこに玉ねぎの種をまき、その横にキャベツの種をまいたポットを乗せて種まき完了。

f:id:tmkz902:20170908105106j:plain

今回蒔いた種たち



f:id:tmkz902:20170908104801j:plain

直播せずに育苗できるものは、わざわざ畑にも行かなくても水をあげるのに便利だ。しかも、せっかくの休みが雨でも屋根のあるスペースがあれば種まきできるし、仕事帰りの夜でも種まきができる。

その他のメリットは、芽が出てきた初期の段階でネキリムシの攻撃にあうというショッキングな出来事も軽減されるだろう。

何度か経験したがあれはなんとも悲しい。因みにネキリムシはあまり深いところにはいないので半分に切ったトイレットペーパーの芯で芽の周りを覆う作戦も実行したが、かなり有効だった。

去年の玉ねぎの育苗は失敗だった。ポットが小さく苗があまり大きく育たなかった。今回はプランターなのである程度大きく育ってくれるだろうか。

キャベツは今回初挑戦。秋の畑は忙しくなりそうだ。