tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

ゴボウ用の畝作りとニンニク植え付け

昨日今日と久しぶりの連休で天気も良かったので、秋冬野菜の準備をした。まずは畑周辺の草刈りをした。真夏を過ぎ雑草の勢いもだいぶ落ち着いたがまだ気を抜けない。

 

今日は少し前に購入した草刈り機を使うことにした。この草刈り機はマキタの充電式のもので、エンジンに比べればバワーや作業時間も限られるが、なんといってもエンジンより音が小さいというメリットがある。自分が借りている畑の近くには民家がある。100m以上離れているとはいえ、休日の朝にけたたましい音で目を覚まさせたくないものである。その点、充電式は時間をさほど気にすることなく作業ができるのでいい。欲を言えば、バッテリーの予備が欲しい。もう少し使って必要であれば購入を考えよう。

 

f:id:tmkz902:20170910112527j:plain

▲マキタの充電式草刈り機 モデルMUR183UD 

 

f:id:tmkz902:20170910121031j:plain

▲before

f:id:tmkz902:20170910113137j:plain

▲after

 

次は、ニンニクの植え付け。去年は10月上旬に植え付けをしたが、今年は少し早めに博多8片にんにくという暖地向けの種類を植えました。どおなることやら。

f:id:tmkz902:20170910112452j:plain

▲今年は暖地用の博多8片にんにくにしてみました

f:id:tmkz902:20170910114106j:plain

f:id:tmkz902:20170910114109j:plain

▲大きく育ってね

 

次にゴボウの畝の準備に取り掛かった。先週おやっさんに耕運機で耕してもらった畝に篩(ふるい)をかけ、小石や小枝などを取り除いた。これがまた地道な作業でしゃがんだ体勢で行うため足腰もきつい。これを二日間続け土がだいぶフカフカになった。

f:id:tmkz902:20170910112538j:plain

▲篩に土を入れる

f:id:tmkz902:20170910112617j:plain

▲ダマになった土を手で潰していく

f:id:tmkz902:20170910112622j:plain

▲最後に残った小石や小枝

f:id:tmkz902:20170910114708j:plain

▲日が暮れちゃう〜

f:id:tmkz902:20170910112625j:plain

▲二日かけてゴボウの畝完成!かなりサラサラのフカフカ

 

畝の準備もできたので、再来週あたりには九条ネギとワケギを植え付け、ゴボウの種まきをする予定。