tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

ゴマ脱穀

台風18号が接近してるので、10日間ほど干して完全に乾燥しているゴマを脱穀することにした。軒下にぶら下がっているゴマの穂は、台風の強烈な風雨を受けたらで地面に落ち残念なことになるのは、考えるのに難しくない。うっかり忘れるところだった。

新聞紙を広げ上むきにしてあったゴマの穂を逆さまにすると『ザー』という音とともにゴマが莢から飛び出してくる。その後も穂を揺すったり叩いたりすると残っているゴマがパラパラと落ちてくる。採れたのは本当に一握りのゴマだったが想像より意外に多く採れた。採れたてのゴマを三粒ほど試食してみた。少々生っぽさはあるものの、立派なゴマの味がする。炒ったらいい匂いがしそうだ。容器に紙を引き少し乾燥させることにした。

f:id:tmkz902:20170916061212j:plain

▲6月のゴマの様子  なかなかかっこいい葉っぱの形

f:id:tmkz902:20170916061155j:plain

▲7月のゴマの花  チャーミングな花

f:id:tmkz902:20170916061230j:plain

▲ザー!っと爽快

f:id:tmkz902:20170916061146j:plain

▲良く乾燥しているゴマの穂  莢を乾燥させて収穫する大豆・うずら豆・金時豆の豆チームはカビに全部やられた 収穫までできたのはゴマだけ

f:id:tmkz902:20170916061449j:plain

▲意外に採れた  少し干したらゴミを取らなくては

 

初挑戦のゴマだったが、脱穀の工程もなかなか楽しい。発芽さえすれば元気に育ってくれるし虫もほとんどつかなかったが、収穫直前に葉っぱが丸坊主でおかしいと思ったらスズメガの幼虫が3匹付いていてびくりした。

今回は直播きをしてみたが、いまいち発芽率が良くなかった。半分くらいダメだったろうか。次回はポットで芽出しして定植してみようと思う。