tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

ゴボウの種まきと九条ネギ&ワケギの定植

秋らしいカラッとした晴天。畑の雑草もひと段落といったところだろうか。

まずは畑に着て9日に蒔いたニンニクをチェック。まだ芽が出ていない。少し心配だ。

次に先週準備しておいた畝に、ゴボウの種を蒔いた。5粒くらいを10センチ間隔で蒔く。覆土は軽くで良いらしいが、雨に流されないか心配になる。

f:id:tmkz902:20170921164002j:plain

▲今回はコバルト短型という品種のゴボウを植えた

 

今回植えた品種のように、短型の方が深くまで耕す必要もなく、収穫時にも深く掘らなくて良いので家庭菜園向きではないだろうか。しかも極早生のため100日程で収穫できるらしい。

f:id:tmkz902:20170921164022j:plain

▲力作の畝 少し曲がっていますが・・・

 

続いて、九条ネギとワケギの定植をする。九条ネギは去年種を採ってポットで芽出しした。ポットの裏の穴を棒で押し苗を取り出す。多い苗は5本ほど生えているが、バラしたら根が傷つき枯れてしまいそうなのでほぼそのまま植えていった。

f:id:tmkz902:20170921165216j:plainx