tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

カブ・コマツナ・春菊の種まき

昨日は朝から快晴。秋らしいスッキリした空気。前日に飲み過ぎて二日酔いの朝でしたが、種を蒔きに畑に行きました。

 

畑に着くと、おやっさんと、隣の畑の後輩のM夫婦がすでに作業をしていた。

M君はそら豆を植えるための畝の準備をしていた。自分も11月になったら、そら豆を植える予定。

そら豆にはアブラムシが非常に付きやすい。2回位作った事はあるが、アブラムシの猛攻や、菌核病という葉やサヤが黒くなってしまう病気にかかり、収穫できた試しがない。

菌核病は水はけや、風通しが悪い事が原因になる様なので今年やるとしたら、対策はバッチリしたいところだ。

対策としては、基本の高畝・アブラムシよけに不織布やキラキラの光もの・余分な水分を与えないためマルチをする予定です。あとは、コンパニオンプランツには玉ねぎが良いらしいので、そちらも併用してみたいと考えています。

 

M君との畑談義や雑談を終え、以前から準備してあった一番右側の畝に、カブ・コマツナ・春菊の種を蒔いた。

カブの種は、前日に買った。開けてみると種に薬品がついていて真っ青でびっくりした。コマツナと春菊は去年の残り。

本来、種を蒔いたら水を蒔くのだが、今回は、水を撒かなかった。朝は露で地面が湿っているのでその水分で発芽するのか試してみたかった。(本当は水を持ってくるのを忘れただけ)後は、雨が降る事に期待します。

今回蒔いた春菊は、そら豆に続き収穫できた事がない。発芽率でいうと10%以下位だと思う。発芽したとしても成長しないのだが、いまいち原因がわからない。

もともと発芽率は良くないようなので、多めにすじ蒔きした。

 

種まきが終了したら、キャベツを植える予定の畝を作った。前日に軽く耕しておいたので畝を立て、まだ大量に残っている牡蠣殻を蒔いた。

キャベツの苗もそこそこ大きくなってきたので来週辺りには定植予定。

 

畑全体を見渡すとだいぶ賑やかになってきた。夏の時期は、休ませている畝もあり、今と比べると寂しげであった。

僕は夏野菜のシーズンより秋からの畑の方がテンションが上がる。害虫も少ないし、雑草の勢いも夏とは比べものにならない。それに、作物の成長もゆっくりと長いので忙しくて頻繁に畑に行けない時も収穫が遅れる事も少なくなる。

 

作業終了後、帰宅し収穫後放置してあったゴマを炒る事にした。大きいゴミはピンセットで取り除き、小さいゴミは『ふーふー』と息で飛ばした。

フライパンで8分ほど中火で炒った。少々炒りすぎた為、かなり香ばしい炒りゴマができた。まあ、これも自家製の良さ。

次に収穫できる物は、落花生だろうか。

楽しみだなあ。

f:id:tmkz902:20171001205251j:plain

f:id:tmkz902:20171001203706j:plain

▲手前からカブ・春菊・コマツナ。緑の支柱が刺さっている場所で切り替わっている。

f:id:tmkz902:20171001205346j:plain

▲先日蒔いたゴボウは芽が出てきていた。発芽率はまずまずな様だ。f:id:tmkz902:20171001205452j:plain

f:id:tmkz902:20171002195557j:plain

▲ニンニクと九条ネギも順調

f:id:tmkz902:20171002210245j:plain

▲キャベツの畝の準備もしておいた。

f:id:tmkz902:20171001205542j:plain

▲自家製炒りゴマ 完成!