tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

玉ねぎの定植

昨日、9月上旬にプランターに種まきした玉ねぎを定植しました。

 

tmkz902.hatenablog.com

f:id:tmkz902:20171106081141j:plain

苗の大きさは不十分でしたが、去年植えた苗はもっと細く弱々しかったにもかかわらず、すくすくと育ってくれたのであまり気にしないようにしました。

 

f:id:tmkz902:20171106081300j:plain 

f:id:tmkz902:20171106081351j:plain

水糸を張ってまっすぐに植えるって程の数ではないので、支柱を使ってなるべくまっすぐに植えます。

20cmくらいの間隔で2列。苗を植えしっかりと鎮圧。全部で20本の苗を植えました。

玉ねぎはユリ科の中でもっとも養分が必要な為、化学肥料を使う人は多いかと思いますが、今回も化学肥料は使わずに、有機栽培でいきます。

自然菜園の本だと、冬では有機肥料の分解がゆっくりなので植えたその日に、米ぬかと油粕を半々で混ぜたものを1㎡あたり1kgまき、その上にワラでマルチします。

こうすることにより春先の玉の肥大までに分解され吸収されるようです。

 

https://www.amazon.co.jp/これならできる-自然菜園―耕さず草を生やして共育ち-竹内-孝功/dp/4540101978

▲私の菜園は、自然菜園ではありませんが無農薬・有機栽培でやるにはとても参考になる本です。

 

この日は肥料を持っていかなかったので後日米ぬかと油粕を半々に混ぜたものプラス牡蠣殻を播く予定です。

 

 

 

追記

f:id:tmkz902:20171112185119j:plain

11月12日(日)

農協のから糠をいただき、油粕と半々にして玉ねぎの畝に多めに撒きました。牡蠣殻は撒くのを忘れたのでまた後日。

苗は微妙に弱っているようにみえましたが、水もあげたし、これから大きくなってくれるでしょう。