tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

半農半Xというスタイル

半農半Xという言葉を知っているでしょうか?

半農半Xとは、農的な暮らしをしつつ自分の大好きなことを仕事にするライフスタイルのことで、『半農半Xという生き方』の著者、塩見直紀さんが提唱した言葉です。この本は塩見さんの考えやライフスタイル、田舎暮らしをしている方達の生き方などが書かれています。

私がこの本に出会ったのは、3年ほど前。今の仕事を続けていく自信がなくなり、本気で辞めようか迷っていた時にこの本と出会いました。

結局辞めずに今も続けていますが、半農半Xという考え方はとても素晴らしいと思っています。

自然が大好きで、今の会社や暮らしに疑問を持っている方。家庭菜園をはじめてみたい方や、すでにしている方。大量生産、大量消費に限界を感じている方。今の仕事をこのまま続けていいのか悩んでいる方は是非読んでみて下さい。きっと何か見えるはずです。

 

半農半Xの軸となるのは、農的なことをしつつ、自分の得意なこと、興味のあることを仕事にすること。 

半農半Xということばは私たちが向かうべき二つに軸を示している。

一つは人生において農を重視し、持続可能な農のある小さな暮らしを大切にする方向だ。もう一つは与えられた天与の才を世に生かすことにより、それを人生の、また社会の幸福につなげようとする方向だ。

 

広い畑が必要なわけではないです。小さくても良いのです。プランターでも良いのですぐ始めてみましょう。

小さな暮らしとは、たとえどんなに小さな市民農園、ベランダ菜園でもいいから食料を時給していくシンプルなものである。

 

 

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

 

 

塩見さんは全国でワークショップや講演会も開いているので、本を読んで感銘を受けた方はそちらも参加してみるのも良いと思います。

私は2015年の春、塩見さんのホームページhttps://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/

を見て、『半農半Xカレッジ東京』というワークショップが開かれるのを知り実際にお会いして話を聞いてみたかったので参加してきました。

会場は三鷹にあるシェアハウスで7名ほどの少人数で行われ、塩見さんによる半農半Xについてのトークや、それぞれの『X』探しについて話しました。

塩見さんは、とても朗らかで紳士的な印象の方でした。

来られていた方々は、仕事は皆様々でしたがエコ意識が強く、今の生活を変えたいと思っている方がほとんどで、初対面でも大切に思っている事が一緒なら普通に話せるもんだなと思いました。

最近忘れがちでいましたが、時にはここで勉強したことを思い出し、少しでもライフスタイルを半農半Xに近づけるようしていきたいと思います。