tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

2018年の初乗りは千葉

今日は、早朝から初乗りをするため友人たちと、千葉に行ってきました。

友人のセレナに6人乗りで板6本はややきつめでしたが、たわいもない話をしながら行く道中は楽しいものです。

f:id:tmkz902:20180103204153j:plain

AM5時20分ごろ東名高速道路の厚木インターから乗り、渋滞もなくスムーズに目的地まで行けました。

最初にチェックをした千歳に着いたのは7時35分。

波チェクのため、車外に出ると北西風が強く非常に寒い。

日が雲に隠れていたせいもあるが、強くて冷たい風が体温とやる気を奪います。

海を見ると、すでに20名ほど入っている。

サイズは胸〜肩。形はそこそこ良いのだが、北西の風にあおられ気味で乗りずらそう。

日も陰っていてこの極寒の中、海に入る気にはとてもなれない。

みんなもそう思ったようで、次のポイントをチェックしに向かう。

 

次に向かったのは、花篭前。

波情報で、良さそうだったので行ってみるとすでに駐車場は満車で、待ちの車も2・3台いたので次のポイントに向かうことにした。

 

f:id:tmkz902:20180103204206j:plain 

そして、次は和田白渚ポイント。

サイズは腰〜胸。波数はそこそこあるが、つながり気味で速い波。ブレイクは掘れていて、テイクオフがむずかしそうな感じでした。

こちらのポイントも強い北西風にあおられ気味でしたが、太陽が出てきたおかげで、日差しのぬくもりを感じられました。

 そんなに良いコンディションではありませんでしたが、1R目はここで入ることにしました。

入ってみる、見た目どおりの速い波でダンパーが中心。

抜けれる波はほとんどなく、1時間ほど入りポイントを移動るすことにしました。

 

2R目に向かったのは、はじめに見た千歳。

最初に見たときより人は増えていたが、形はこちらの方が良く乗りやすそう。

サイズも変わらず、胸〜肩くらいあり、ここで入ることにしました。

千歳は、インサイドに岩があるのでゲットするときや、上がるときは注意が必要です。

セット間がやや長く、冷たい北西の風が波待ちしているサーファーに吹き付けます。

入ってみると抜けれない波が多く、風で面がガタつき乗りにくい。

見た目以上に、クセがあり乗りにくい波でしたが2時間半ほど入り初乗り終了。

 

帰りはアクアラインで渋滞にはまりましたが、ほかは順調に流れていて3時間半ほどで地元に着きました。

今回、波はあまり良くはありませんでしたが、いつもサーフィンしている仲間全員参加で楽しい初乗りができました。

いつも心がけてはいますが、今年は一層サーフィンに対しても何か目標を決めて取り組んでいこうと思います。

例えば、後ろ足の曲げ方を変えてみるとか、上半身の動きを変えてみるとかして、少しは上手くなれればと思っています。

今年もサーフォンを楽しんでいこうと思います。