tmkz blog

なるべく自然派なライフスタイルブログ

男のアロマ 自作の蜜蝋キャンドルで癒し倍増

以前メンズコスメを作るのに買ったアロマオイルのセットが余っていたのアロマポットを使って使用してみる事にしました。

アロマポットも親が使わなくなったものがあったので0円ゲット。

 キャンドルはオーガニックなものを使いたかったので蜜蝋キャンドルを作りました。

蜜蝋は、以前作ったアライアと言われる木のサーフボードの滑り止めワックスとして使用したものが残っていたのでそれで作りました。

 

 

蜜蝋が溶けやすいようにハサミでザクザク切りましたが、かなり固く危険なのでオススメしません。塊のまま溶かして必要な分だけ使った方が良いでしょう。

f:id:tmkz902:20180217164928j:plain

鍋に湯を張り耐熱容器(なければジャムの空いた瓶とか)を入れ、蜜蝋を入れしばらくすると溶けてきます。

f:id:tmkz902:20180217165152j:plain

今回使用したのは、ガラスの容器だったのですが、冷めたらガチガチに固まり食器用洗剤では取るの大変でしたが、自然派クレンザーのハイホームでなんとか落とす事ができました。

f:id:tmkz902:20180217165216j:plain

蜜蝋を流し込む型がなかったので、今回はアルミホイールで作りました。

f:id:tmkz902:20180217165258j:plain

すべて溶けたら型に入れ、タコ糸で代用した芯を爪楊枝で固定。

後は固まったら余分な芯をカットして完成です。

f:id:tmkz902:20180217165321j:plain

固まったのを確認。

『よし早速やってみるか・・・ん?』

『入らない!!!』

やってしまいました。

ほんとアホ。

アルミホイールで作った型が大きすぎてアロマポットに入りませんでした。

気を取り直して手で形を整えなんとか入るようになりました。

 

 

 そして着火。

『おお〜ちゃんと付く!』

ヒモが細くて短いせいか弱々しい火ですが、ちゃんと付きました。

なんか小さな感動。

(追記 しばらくしたら火が消えてしまいました。どうやら芯が細いのと芯に蝋をしみこませないとダメみたいです。タコ糸を2本にしてよじって作ったものに蝋をしみこませてセットしたら消えなくなりました。)

f:id:tmkz902:20180217170940j:plain

 

そして今回は定番のラベンダーでほんわかリラックス。

f:id:tmkz902:20180217172109j:plain

アロマポット中々良いです。

アロマというと女性のイメージが強いですが、仕事で疲れた心を癒したい男性も週末などにアロマオイルを焚くなんていうのもありではないかと思います。

香りも男性的なユーカリやシダーやベルガモットなんてのもありますし。

ウッディ系もチャレンジしてみたくなりました。

 

 

 

 

国産ミツロウ 100g

国産ミツロウ 100g

 

 

汚れから錆まで落とす「ハイホーム」

汚れから錆まで落とす「ハイホーム」